介護施設の仕事内容と必要な資格

介護施設の資格

介護施設で働くときに様々な資格を持っている人がいます。これから介護施設で働きたいと思ったときに、どのような資格を取得していれば良いかを判断するようにしてください。介護施設で働くときは、大きく分けて3つの資格が知られています。

1つ目に必要とされる資格が介護福祉士です。この資格は国家資格で、介護施設で働くときに活かすことができます。利用者が毎日スムーズに生活することができるように介護をしてあげたり、食事や入浴のサポートをしてあげます。さらにスタッフを指導するのも介護福祉士の役割になります。

2つ目の資格がヘルパーです。介護員とも言われるヘルパーは、介護施設に入居している人に対して身体を介護してあげること、生活の援助をしてあげること、通院のサポートをしてあげること、この3つの仕事をします。介護施設で必要な根本的なサービスに関わっていきます。

3つ目が介護支援専門員です。ケアマネージャーとも言いますが、介護施設で利用者がどのようにサービスを利用すればいいかの計画を作成する事務方の仕事で必要な資格です。介護支援専門員がしっかり計画を立てることで、利用者だけでなくその家族も安心して介護施設を活用することができます。